2つのWordPressプラグインで投稿表示を調整

シェアする

こんにちは。

自分が以前書いた記事の内容を確認したくなってブログ内を探したら、ストレスを感じました。1記事ずつしか表示されず、過去記事へのアクセスが悪いからです。

なんだよこのブログと思いました。

1記事ずつの表示にしているのは、トップページに記事がずらずらといくつも出るのがイヤだからです。しかし、デフォルトの管理画面の表示記事数設定では一律で細かい指定ができないので、アーカイブやカテゴリー表示の時は仇になっています。

そこで、ニーズを満たせそうなプラグインを探して、次の2つをインストールしました。他人の成果は積極的に使えばいいというスタンスです。

Custom Posts Per Page

「Custom Posts Per Page」というプラグインを使うと、記事の表示件数が個別に設定できます。アーカイブやカテゴリー表示の場合はこの件数を増やして、過去記事を見るニーズに対応しました。

WP Limit Posts Automatically

カテゴリー別や月別の一覧ページがほしかったのです。

別途ページを作る方法などもありましたが、記事の冒頭部分だけを表示させる上記のプラグインを使うことにしました。

文字化け対策したはずが

記事の全文を読みたいときのリンクテキストは、「続きを読む」という文言にしたかったのですが、表示させてみると文字化けしてます。

対処法を検索すると、phpファイル内のsubstr をmb_substr に置き換えるという記述があってそのとおり試みたのですが、ダメでした。マルチバイト対応が効かないのかな。

自分の対処が正しくできていない可能性は捨て置き、「read more」と文言を変えてお茶を濁しています。大勢に影響ないところですし、影響が出るレベルになったときにまた対処しようと思います。

まとめ

小さな手入れですが、訪問者としての自分がストレスを感じないように、これからもブラッシュアップを続けていきます。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)