手紙を渡すことが天皇の政治利用になるというのなら、根拠を示してほしい

シェアする

今 負けそうで 泣きそうで 消えてしまいそうな僕は
誰の言葉を信じ歩けばいいの?
《手紙 ~拝啓 十五の君へ~》(アンジェラ・アキ, 2008)|YouTube

こんにちは。

なんか、よくわからないことになっているので、便乗して騒ぎます。

「新聞によりますと」の“ウィークエンダー方式”で、一次情報にアクセスしないまま進めます。たとえが古すぎますね。

前提とする事実関係

10月31日に皇居で開かれた園遊会にて、山本太郎参議院議員が天皇陛下に手紙を手渡したとされています。

こちらが事実であることを前提に、論を進めます。

2013-11-01_DSC_0835-1
※(2013年7月 東京都内にて)

「政治利用」とする説への疑問

山本さんのこの行為が、天皇(あるいは皇室)の政治利用に当たる可能性があるとして、問題視する声があるそうです。

なぜ?

ぜひ、根拠を示してほしいです。

僕自身「政治利用とは言えないと思うが、言い切れるほどの確信は持っていない」から、知りたいです。

僕がなぜ「政治利用とは言えない」と思うのかを、以下に説明します。

「天皇へ手紙を渡すことは政治利用」への4つの反駁

(予想される主張)
天皇陛下に、手紙なりなんなりの文書を手渡すことは政治利用だ

はじめに、この主張への反駁を行います。

論点1:手紙が政治的な内容だったかどうか

具体的な手紙の内容については未知ですので、まず大きく、何らかの意味で政治的な内容のものだったのかどうかでパターン分けして、論を進めます。

はじめに、政治的な内容の手紙だったと仮定します。

反駁1:現行の法体系は「天皇への直訴」を想定している

この場合、政治的行為には違いありませんが、天皇の「利用」とはならないはずです。

なぜなら現行の法体系は、政治的行為としての「天皇への直訴」を想定しているからです。

「天皇への直訴状」はどう扱われるか

ツイッターで、このようなツイートが回ってきました。現時点までで、僕のタイムラインでは法的側面に言及したものはこれがほぼ唯一です。

そんな法律があるんですね。

law.e-gov.go.jp から、請願法(1947)の当該条文を引用しておきます。(下線は引用者)

第三条 請願書は、請願の事項を所管する官公署にこれを提出しなければならない。天皇に対する請願書は、内閣にこれを提出しなければならない。
○2 請願の事項を所管する官公署が明らかでないときは、請願書は、これを内閣に提出することができる。

山本さんの行為は、この規定に反しています。しかし、

第四条 請願書が誤つて前条に規定する官公署以外の官公署に提出されたときは、その官公署は、請願者に正当な官公署を指示し、又は正当な官公署にその請願書を送付しなければならない。

とあります。

ここで天皇の位置づけについて、次の2パターンの解釈がありえます。場合分けして記述します。

1)一官公署、またはそれに準ずるものとみなす場合

天皇の選択肢は次のどちらか2つとなります。

  1. 請願者である山本さんに対し、内閣に提出するよう指示する
  2. 受け取った請願書を内閣に送付する

指示があった旨は聞いておりませんので、手紙は内閣に送付されることになるのでしょう。(事実関係は未確認ですが、引用したツイートには送付された旨が記してあります)

すべて適法な手続きです。違法性があったりとか、ましてや罰せられるような性質のものではありません。

そして請願がいかなる内容であれ、天皇はこれ以上関与しません。よって、「利用している」の批判は的外れです。

2)一官公署とみなさない場合

この場合、そもそも官公署に提出されていないのですから、請願のプロセスが始まっていないことになります。山本さんが陛下へ何か訴えたいのであれば、第三条の規定どおり、内閣へ出し直すことになるかと思われます。

いま「出し直す」と書きましたが、これは山本さん側から見てのもの言いであって、官公署たる内閣から見れば、初めて提出を受けるということになります。

論点2:法に定める「請願」であったか否か

請願法の第二条に、適法な請願とするための規定があります。

第二条 請願は、請願者の氏名(法人の場合はその名称)及び住所(住所のない場合は居所)を記載し、文書でこれをしなければならない。

山本さんの手紙が、この要件を満たしていたかどうか、すなわち、法的に有効な「請願」だったか否か。この判定結果により、次の2パターンに分かれます。

1)適法な請願だった場合

こちらが適用されます。

第五条 この法律に適合する請願は、官公署において、これを受理し誠実に処理しなければならない。

同条および第四条の規定により、内閣が受理し誠実に処理されます。そうされなければ、違法です。

2)適法でなかった場合

要件を満たさず、「請願書」として適法でなかった場合は、同法内に規定はありませんが、恐らくは請願者に差し戻されるものと思われます。

いずれのケースでも、政治でこそあれ、「利用」とは言えません。山本さんは、天皇陛下を政治に不当に関与させているわけでも、自らの政治的主張や立場に有利となるような方向へ差し向けているわけでもないからです。

請願であるなら、ここ非常に大事

山本さんが「請願」のつもりで陛下に手紙を渡したとするなら、見逃せない法規があります。日本国憲法第16条です。(下線は引用者)

[請願権]
第一六条 何人も、損害の救済、公務員の罷免、法律、命令又は規則の制定、廃止又は改正その他の事項に関し、平穏に請願する権利を有し、何人も、かかる請願をしたためにいかなる差別待遇も受けない。

本件に関して山本さんが議院その他から何らかの処分を受けるようなことになるとすれば、憲法違反の疑いがあります。

反駁2:政治的内容でなかったら、「政治利用」たらしめているのは騒いでいる側

こちらは、政治的な内容でなかったパターンです。

山本さんが天皇陛下に渡した手紙の中身は、単なるファンレターだったかもしれない。もしかしたら「メロリンQ」からの「私の履歴書」だったのかもしれない。まあ、想像にすぎませんが。

政治と無関係な内容だったとするなら、政治利用をうんぬんするのは、無意味です。

このパターンであれば、騒いでいる側こそが、「政治利用」を作りだしている当事者となります。

反駁3:政治家は天皇・皇室と一切接触できなくなるけど、いいの?

論点3:「陛下へ手紙」自体が妥当なのか

手紙が政治的なものであるか否かを問わず、こんな主張も考えられます。

(予想される主張)
人前で渡すこと自体がパフォーマンスであり、政治利用につながる

「そのような行為自体が政治的であり、陛下を政治に関与させることになる」という話ですね。

こうした考え方を厳密に適用するなら、政治家はみな、憲法その他法律に定められた国事行為を除き、天皇または皇室と接点が持てなくなります。

この基準で過去を振り返って見直してみると、天皇または皇室を「政治利用」してきた事例が、いくらも出てくるでしょう。

みんな政治利用になる

極論を言えば、大相撲の千秋楽に内閣総理大臣が優勝力士に内閣総理大臣杯を手渡すことも、天皇の政治利用になります。なぜなら、優勝力士には天皇賜杯も贈られるからです。

「なんで、陛下の賜杯を贈呈するところに、一緒に政治家が出てくるわけ?」って話ですからね。

すめらぎの御稜威(みいつ)借りまくりなのであります。

さらに言えば、先日天皇・皇后両陛下と対面を果たしたくまモンも、皇室を政治利用していることになります。くまモンが熊本県という一地方自治体の公認キャラクターである以上、政治と無縁ではないからです。

そういうものも含めて「政治利用」とみなしたい、そうあるべき、それでいいという主張をされるのであれば、承りますが。

反駁4:普遍性のない自分の規範を、他人に強要してもいいの?

(予想される主張)
非常識

僕自身が、園遊会に呼ばれたらどうするだろうかを考えてみました。たとえ陛下に訴えたいことがあったとしても、手紙は渡さないです。

園遊会以外の場、たとえば、誰かのサイン会か握手会か何かに参加していて、誰かが一人だけ手紙を渡していたら、時と場合によって「なんだコイツ」とも思います。

山本さんがかかる行為に及んだと知って、どういう感情が交錯するのか、そのパターンのすべては想像できかねますが、いずれであっても、「気に入らない」「それはおかしい」「マナー違反」という批判はあっていいし、していいと思います。

しかし「そのような場で手紙を渡すものではない」という社会的合意が、完全にできているわけではありません。少なくとも山本太郎さんは、そう考えてはいなかった。

自分(たち)がそうだからといって、他者にも「そうあるべし」とその規範を押しつけること、それこそが非常識です。

根拠のない、あるいはきわめて薄弱な「空気」だけで物事を進めるのは、いいかげんやめましょうよ。

おわりに:山本太郎さんはお一人なの?

いろいろ不行き届きで読解できない人がいないとも限りませんので書き添えておきます。

僕個人は、山本太郎さんの政治的主張には賛同できませんし、彼が国会議員になってしまったのも、えらいおかしなことになってしもたなーと思っています。

だからといって、これをチャンスとばかりに、寄ってたかって潰しにかかっていいという話にはならないはずです。

何か不都合でも?

あなたがいれば ああうつむかないで
歩いて行ける この東京砂漠
《東京砂漠》(詞:吉田旺, 1976)

GOLDEN☆BEST(内山田洋とクールファイブ, 2005)
GOLDEN☆BEST

山本さん頭部の東京砂漠化が気がかりです。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)