安室奈美恵さん出演「UNTITLED」CMからの《サラバンド》ブーム到来の巻

シェアする

こんにちは。にわかにサラバンドブームがやってまいりました。

「UNTITLED」のCMがイイ!

安室奈美恵さんが出ている「UNTITLED」のCMがいいですね。目にすると釘付けになってしまいます。

UNTITLED #1 - feat. AMURO Namie

※画像は、UNTITLED(アンタイトル) VEIL篇 スペシャルムービー(YouTube)より

本日(10/28)から、第2弾がオンエアだそうです。

UNTITLED #2 - feat. AMURO Namie

※画像は、UNTITLED(アンタイトル) BRIDGE篇 スペシャルムービー(YouTube)より

このほかに、YouTube のUNTITLED(アンタイトル) 公式チャンネルでCMの各バージョン(15秒|30秒)を視聴できます。

何がいい? 音楽がイイ!

何がいいって、サキソフォンを起用した音楽がいいです。僕がこのCMに惹かれたのはそこです。いとなまめかし(古語)。

あの曲はなに? サラバンド

J.S.バッハ作曲《無伴奏ヴァイオリンのためのパルティータ第1番ロ短調 BWV1002》の 〈サラバンド〉(Sarabande)です。

※楽譜のアフィリエイトリンクを貼っておきます。

(2013/11/01追記)50種類以上を聴き比べて、楽器別の好きな演奏を別にまとめています。よろしければそちらもご覧くださいませ。

正解できず…

バッハの音楽に私淑しながら、CMだけで「曲名イントロクイズ」に正解できなかったことに悔いが残ります。サラバンドだから、たぶんバッハだろうなというところまで目星はついて、無伴奏チェロの編曲にあったかなと探しましたが、あては外れました。負け惜しみですが。

それはさておき、CMでの曲選びのセンスも、編曲も、サックスの演奏も、どれもいいですね。好きです。

演奏してるのは誰? 鈴木広志さん

調べました。先に結論を述べると、サクソフォン奏者の鈴木広志さんです。

2013-10-28_1956

※画像は、suzuki-hiroshi.com > profile より

情報の出どころは2つ

ネットでの検索結果から推測するに、情報の出所をたどると、発信元は2つに集約されると考えられます。

1つは、MUSIC NET のページです。一部を引用します。

<演奏:鈴木広志>
東京芸術大学サクソフォン専攻卒業。バリトンサックスと肉声しか使用しないバンド「東京中低域」のメンバー。

もう1つは、曲名探偵団β版のページです。「アーティスト名」から引用します。

鈴木広志 (演奏)

作曲:ヨハン・セバスチャン・バッハ
編曲:清水靖晃
音楽制作:愛印
CD発売・配信未定

こちらは編曲者も書いてありました。これは予想どおり。

別ルートの情報で裏づけ

上記2つのサイトには、どちらも情報のソースが書いてありませんでした。そこで、両サイトから引いた情報ではないと思われる、別系統の情報発信ルートでも確認しておきます。

演奏者に関して

鈴木広志さんのご本人のサイト「suzuki-hiroshi.com」にも、[放送中のTVCM]として「UNTITLED」が紹介されていました。

2013-10-28_1604

安室さんのサムネイル画像が最新の「BRIDGE篇」なので、ここ数日で追記されたのかもしれません。

編曲者に関して

先ほどの引用部で「音楽制作」となっていた(株)愛印のサイトに詳細があり、そこに清水靖晃さんの名前がありました。

ちなみに、ブランド公式サイトには情報なし

ちなみにですが、(株)ワールドのUNTITLED(アンタイトル)公式サイトには、CMの音楽について特に何も書いてありませんでした。

音楽に関する情報を求めるニーズが小さいのか、あるいはサイト運営上そっちのニーズに応える方針ではないということか、実情はわかりません。

「見つからなかった」という事実だけを記録しておきます。

情報が一部間違っています

紹介したページの中には、記載されている情報が一部間違っているものがあります。無粋の極みですが指摘しておきます。

kyokutan.jp の間違い

曲名探偵団β版では、どういうわけか「試聴」「CDなどを買う」に、鍵盤向けの《6つのパルティータ》を紹介しています。それ、別の曲です。

2013-10-28_1703
※画像は、曲名探偵団β版より

嘘・まぎらわしい情報はよくないです。

aiin911.com の間違い

音楽制作を担当した「愛印」のページですが、間違いだらけです。スクリーンショットを貼っておきます。

2013-10-28_1655
※画像は、aiin911.com > Commercial Works > 詳細

このわずかな記述のなかに3つも間違いがあり、圧巻です。

  1. ブランド名が違います。誤)UNTITLE 正)UNTITLED
  2. 清水靖晃さんの担当が違います。 誤)作曲 正)編曲
  3. 実演者の氏名表記が違います。 誤)鈴木宏 正)鈴木広志

Webサイト制作は外注なんでしょうか。仕上がりの雑さ加減にやっつけぶりがうかがえ、感涙を禁じ得ません。

「二次災害」の例

これらの間違いにより、深刻ではないものの、二次災害が出ております。

Q&Aの掲示板で、「あの曲はなに?」という質問に、バッハのパルティータ第1番《変ロ長調 BWV825》だと回答している書き込みがありました。

回答者が前述のkyokutan.jp の謎情報に惑わされたと僕はみています。だとすればまさに、嘘の上塗りです。

僕個人は、「よく知らないのなら、少なくとも知ったふうには答えない」が、至極まっとうな姿勢だと思っているのですが、この種の人たちには通じないのだろうなと、諦めています。

ちなみに

これも余談です。調べていて知りました。

《無伴奏ヴァイオリンパルティータ 第1番ロ短調 BWV1002》 は、2013年度(第82回)日本音楽コンクール・バイオリン部門の課題曲のひとつでした。

来年になるとまたページ内容も変わりそうなので、エビデンスとして上記リンクのスクリーンショットを貼っておきます。(10/28取得)

2013-10-28_1618

ブームは続く予感

ところで上のスクリーンショットの左側にあるバナーのリンク先が、ある意味とんでもない「大鉱脈」だったのですが、さらに話がそれますので、それはまた別の記事で。

サラバンドブーム、しばらくの間つづきそうです。

現場からでした。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)