【メモ】過去記事を自動ツイートするWordPressプラグイン「Tweetily」を導入

シェアする

こんにちは。

ブログの過去記事を自動ツイートするプラグイン「Tweetily」を導入しました。次の記事を参考にしました。

WordPressプラグイン「Tweetily」で過去記事を完全自動でツイートすることに!日本語に対応の修正もOK

以下、作業メモです。

インストール

問題なし

設定

ツイート対象にする/しないの指定を、カテゴリーよりも細かく、個別記事の単位でしようとして少しだけ手間取りました。

【ポイント】ツイート対象外(Exclude)にする場合、指定画面でツイート「しない」ものにチェックマークを入れる。

でもって、指定画面に表示される過去記事一覧は1ページ20件ずつですが、次ページへ移ってしまうと元のページで指定した情報が残されないのでは、と一瞬戸惑いました。

【結論】最後に「Exclue Selected」ボタン、という手順でよかったみたいです。まとめて反映されてる感じです。

こんなふうに、過去記事ツイートの「対象外」にした記事に、一覧上で色が付きます。

2013-10-02_0028

日本語化対応

過去記事紹介プラグイン Tweetily を日本語対応修正する!

に書いてあるとおりに、top-core.php ファイル内の3つの関数、計12箇所をマルチバイト対応(mb_)に書き換えました。

テスト・運用開始

試験ツイートしてみました。問題なさそうです。

どの時間帯がよさげか試したいので、毎日時間帯がずれるように設定してみました。1日に3~4回の頻度でツイートされる予定です。

これで、ツイート対象にした過去記事のPVが導入前より伸びるかどうか、楽しみです。

1か月ばかり運用してみて検証します。どうなりますやら。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)