おかもとまりさんの2つのミス―9月15日「あすなろラボ」林修さん授業感想(6)

シェアする

こんばんは。林修ナイトの時間です。

「あすなろラボ」授業の感想シリーズ、その6です。出演者の片言隻句をあげつらって「から騒ぎ」します。

この記事では、生徒だったおかもとまりさんの発言から、2つ取り上げます。評価は分かれるでしょうが、「ミス」と言っておきます。

びしょ濡れレポーターおかもとまり~噛んだら濡れる、笑いと涙の凱旋帰郷~ [DVD]
※画像は、びしょ濡れレポーターおかもとまり [DVD]

その1.「あるんですか?」

1つめは、授業の冒頭にあった、林修さんとのこのやりとりです。

林「皆さん、恋愛論ていうのを読まれたことあります?」

おかもと「あるんですか?」

林「あるんですよ」

ためにする議論ではありますが、このおかもとさんの「あるんですか?」は、2つの意味に受け取れます。

それぞれフルセンテンスで言うと、

  1. 林先生は、恋愛論の本を読まれたことがあるんですか?
  2. 世の中に恋愛論の本というものがあるんですか?

の2つです。

このケースではどちらであっても大勢には影響ないですが、

  • ミスリーディングを招く発言を避ける
  • 見る側が意味を明快に理解しやすいように、言葉を過不足なく使う

という観点で評価するなら、このままではいかんです。

いろんな意味に取れる意味不明瞭な発言をすると、ときとして発言者が前提としている立場もあいまいとなり、ポジションがぼやけてしまうからです。

その2.「キスできるかできないか」

2つめは、女性の「生理的に受け付けない」に関するやりとりです。

林「生理的に受け付けないっていうのはもう、嫌いっていう感情以前です」

おかもと「その人とキスできるかできないかっていったらできないみたいな」

林「というより半径5メートル以内はイヤっていう」

おかもとさんの認識では、「生理的に受け付けない人=キスできない人」です。

授業の区分に従えば、おかもとさんは、嫌いな人でもキスができると言っています。論理的にはね。

この記事を読んでいただいている方の層と重複していることは想像しづらいですが、おかもとさんに恋している方がいるのであれば、攻めましょう。彼女が生理的に受け付けない限り、なんとかなるかもしれません。

余談:収録日は8月29日

どうでもいい話ですが、今回の授業の収録日は、8月29日だったようです。

証拠その1

おかもとさんのオフィシャルブログ「おかもと部」に、林さんの授業のことが書いてありました。

8月29日付の記事「洋服」から引用します。

すごく、面白い授業だった!林先生。
時間の都合上全部聞けなかったのが、残念!オンエアで早く全授業見たいなぁ!

授業で着ていた衣装姿で写った画像もありました。

おかもと部

証拠その2

また、同じく生徒の一人だった紫吹淳さんのブログにも、前日8月28日付の記事に、こんな記述がありました。「マネージャー日記」より。

明日は2本のバラエティー収録にナレーション録り 今お衣裳選んでます。

番組後半はこのお2人が「早退」して不在でしたから、収録日は8月29日だったとみて間違いないでしょう。

まとめ:若さゆえ

授業内の言動とブログの記述を見る限り、おかもとさんは「自分自身が受ける」というスタンスでこの授業をとらえており、「テレビを見る側にわかりやすく伝える」といったような、画面の向こうにまで思いをめぐらせているような視点はうかがえません。

もっとも、ブログのプロフィールによれば、おかもとさんは1989年12月生まれ。詐称がなければ放送時点で23歳ですから、まだまだ大きな構図で自分の仕事やポジションを俯瞰するには、キャリアが足りないということなのでしょう。

勉強と経験を重ねて、芸を磨いていってほしいです。

若いって素敵やん。

スポンサーリンク
Google AdSense
Google AdSense

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
Google AdSense

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)